ゆらゆらタユタ

アラサーとゆとりを取り巻くもろもろ

わたしをアンチにさせないで

f:id:yoshirai:20210424200836p:plain

人生で1番幸せだったのは、高校時代と断言できる。鈴香ちゃんがいたからだ。エスカレーター式の女子校に、高等部から編入してきた水野鈴香ちゃん。思ったことはすぐ口にして、大きな声でアハハと笑う。開けっ広げで明るくて、のんびりしたお嬢様校(笑)の中では正直浮いていた。けどだからこそ、ひときわ輝く魅力があって、みんな彼女が大好きだった。ほとんどの生徒が内部進学を選ぶ中、鈴香ちゃんは外の大学に飛び立っていった。たった3年間。彼女は鳥籠に羽を休めに来ただけかもしれない。でもわたしにとっては、モノクロ映画があっという間に色づくような、鮮烈な出会いだった。記憶の中の高校時代は、どうしようもなく鈴香ちゃんの色に染められている。

 

卒業生から12年。わたしと彼女の交友は、今もゆるゆると続いている。半年ぶりに会った鈴香ちゃんは、少し痩せて肌が荒れていた。


「……ほんと、上手くいかないな」

鈴香ちゃんはコーヒーを前にため息をつく。


鈴香ちゃんはとっても仕事ができるけど、恋愛は本当に下手くそだ。珍しく彼氏と長続きしてると思ったら、先月新卒に寝取られたそうな。まぁそこまではよくある話だけれど、別れ話をされた彼女は、あろうことか『私と別れない理由3』なんてスライドを作って彼に送りつけたらしい。いやドン引き。恋愛はナマモノ、感情的な営みだから、仕事みたいに行動に成果を求めても無駄だ。出来の良い資料はクライアントを満足させても、男の気持ちは取り戻せない。


束縛はせず、言われる前に気を回して、料理も、掃除も、彼の家族への贈り物さえ買って出ていた鈴香ちゃん。「私、いい奥さんになると思うんだけど」という彼女の言葉は、確かにその通りだろう。けれど少なくとも、婚約者でもない鈴香ちゃんが頑張るべきはそこではなかった。


尽くす女は男性の理想のようで、実際のところそうでもない。今の……いや、彼と付き合っていた頃の鈴香ちゃんのライバルは、ルンバやAmazonや家事代行だ。機械やサービスが出来ることを、恋人がこなす必要はない。

というか、家電やサービスと張り合ったとて勝ち目はないのだ。『言われる前に』『基本無料』の点では分があるけれど、『見返りを求めない』『疲れた顔をしない』『罪悪感を持たせない』の3部門では惨敗だ。


見返りを求めながら差し伸べる手は、ツンとした嫌な匂いがする。まともな人はためらうし、まともじゃない奴には良いように利用されてしまう。試食を食い荒らしておいて「えっ? 買ってほしかったんですか!?」みたいな顔を平気でするのだ。鈴香ちゃんの元彼のように。


恋人がすべきは、むしろやらせてあげること。やってもらって感謝して、「俺はできる、必要とされてる、価値がある」と自信を持たせてあげること。それは家電には不可能だ。

 

こちらから何かしてあげるなら、自分に余裕がある時に、見返りを求めずに済む程度に限る。ミスをした後輩にコーヒーを差し入れるとか、失恋した友達の愚痴を聞くような。「好かれたいから」じゃなく、「あなたが好きだから」行う、愛があり無理のない行動。


高校時代、見返りのない優しさを振りまく鈴香ちゃんは、たまらなく魅力的だった。それなのに、いつから上目遣いで男の機嫌を伺って、プロポーズを待つ退屈な女になったんだ。そんなんじゃまるでわたしみたいだ。


勝手な期待の押し付けと言えばその通りだけど、鈴香ちゃんはかっこよく生きてほしかった。わたしが共感できたり、ましてや解決法の思いつくようなことで悩まないでほしい。ずっとひとりで生きていくか、年下の男を養うとか、せめて画家とか小説家、そうじゃないなら実業家とか、そういう男と華やかでドライな恋愛をしてほしかったのに。なんで普通の男に恋をして、普通に振り回されて泣いたりしてるの。あんなに賢くて、周りの目なんか気にしなくって、強くてかっこよかった水野鈴香が、普通の女の子だなんて知りたくなかった。


男がいても二の次で、仕事が1番! わたし恋愛向いてない! って笑ってた頃の鈴香ちゃんが良かった。そういえば、あの時の彼氏は鈴香ちゃんが大好きで、結婚したいって言ってたし、鈴香ちゃんが別れを切り出したら、別れたくないって泣いてたよね。ていうかあの時の彼氏の方が、顔もスペックも良かったよね? 


ねぇ、考えたくなかったけど、鈴香ちゃんが無償の優しさを振りまけるのは、本当に好きな人以外ってこと? 直近の彼氏が本当に好きで、好きだからこそ期待して、見返りを求めてしまったってこと? だとしたら前の彼氏や、わたし……や、他の女友達は、期待する対象じゃないからこそ、あんなに魅力的に振る舞えてたの?

憧れの端っこがジリジリ灼けて、憎しみに変わっていく感じがする。公式が地雷。解釈違い。勝手な憧れと現実のギャップに苛立つなんて、わたしってヤバい女だな。そう思うけど止められない。


わたしは全方向に好意を振りまき、出た芽を育てるみたいに恋愛してきた。小手先だけで結婚にこぎつけたわたしは、たぶん恋愛が得意なのだ。だから、望まれればある程度、建設的なアドバイスもできる。例えば、

「鈴香ちゃん、大好きな彼に別れ話をされたなら、怒ったり責めたりするのは逆効果だよ」とか、

「言いたいことはぐっと飲み込んで、お礼だけ言って引いた方が、彼の中で綺麗な思い出になる」

「『今』、彼は別れたくて仕方ないんだから、説得なんてできないよ。でも、『今』の気持ちは永遠じゃない」

「復縁したいならほとぼりが冷めてから、『綺麗な思い出になった元カノ』として、彼の人生に再登場しな。自分が彼女の立場でも、怖いでしょ? 『綺麗な思い出になった元カノ』」

などなど。でも鈴香ちゃんには絶対言わない。


いくら鈴香ちゃんが彼を好きでも、わたしは鈴香ちゃんにあんな……大した取り柄もない、論理的ぶって感情的で、性欲に負けた言い訳をExcelでつくる男なんかとくっついてほしくないからだ。テーブルの下でぐっと拳を握りしめ、お腹に力を入れてから、わたしは鈴香ちゃんの目を見て言った。視線で呪いを流し込むように。

「本当にひどいよ。鈴香ちゃんがあんなに尽くしたのに……。絶対絶対、納得いくまで話し合いなよ!」


そうしたい、そうしたいけど、と呟く鈴香ちゃんの潤んだ目。ネイルの先が剥げた、かさついた手を握りつつ、わたしは祈った。


どうか、どうか、鈴香ちゃんと彼の仲が修復不可能なほどにぶっ壊れますように。悲しみにくれる鈴香ちゃんが、わたしに電話をくれますように。鈴香ちゃんが、もう二度とくだらない男にひっかからずに、カッコよく生きてくれますように。


鈴香ちゃん、大好きだよ。……わたしをアンチにさせないで。

 

おしまい

 

---

関連する話

www.yoshirai.com

---

その他創作系の記事 

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.comwww.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com
www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com