ゆらゆらタユタ

アラサーとゆとりを取り巻くもろもろ

晴橋ヒナコさんへ

f:id:yoshirai:20220109222337p:plain

晴橋ヒナコさん。

これは全世界へ公開された、あなたひとりへの手紙です。アイキャッチに使った黒猫の写真は、一見なんでもない画像だけれど、ヒナコにはこの写真がいつ・どこで撮られたのか一目でわかると信じています。
名前を晒すことになってごめんなさい。名前の漢字は伏せてみたけど、これがどのくらい意味があるのか、正直あんまりわかっていません。けれど、LINEをブロックされ、新しい住所や電話番号を知らされず、共通の友達にも口止めされてる私には、もうこの手段しか残されていません。本当にごめん。ヒナから連絡があればすぐにこの記事は消します。

 

最後に会った時、予想外の質問をされて頭が真っ白になってしまった。20分、いやもっとかな。ヒナは辛抱強く待ってくれたけど、わたしは膝の上で指を組んだ自分の両手を見つめることしかできなかった。前日にうきうきで塗り替えたネイルのツヤが、場違いに思えて恥ずかしかった。

結局、誤解を解けないまま別れてしまったのを後悔しています。だからこうして文章を書いたのに、LINEは既読にならないし、手紙は住所不明で返送された。諦めるべきなのはわかってるけど、まだ希望を捨てたくない。だから今度はブログにしました。お願いだから返事をください。



ヒナへ。

10月の終わりの代々木。寂れたカフェで待ち合わせしたよね。急にお茶しようなんて誘われたから、驚いたけど嬉しかったよ。会った時から表情が固いのは気づいてた。深刻な相談があるのかな、なんて思ってた。

ヒナからの質問はふたつ(だよね?)。冷静になった頭で考えた、わたしなりの答えを今から書きます。

 

質問①「今までひどい男ばかり紹介したのはわざとなの?」

結論から言うとわざとです。でもその理由は、ヒナが想像しているものとは違うと思う。だから最後までちゃんと読んでください。

 

今までクズばかり紹介してごめんね。わたしの紹介した男たち……シンジ先輩から始まって、篠原、笹本さん、津田さん、原田先生、三木くん。全員、本当にクズだったよね。

 

シンジ先輩を紹介したのは、中学2年の頃だったよね。あの頃、初めて彼氏ができて浮かれたわたしは、恋バナをしたくてたまらなかった。でも、周りの友達は誰も彼氏がいなくて、一方的にノロケ話をするのも気が引けた。みんな片想いの話題にははしゃぐのに、彼氏持ちの相談にはちょっと冷たい……みたいなところがあったじゃない? だから、早くみんなにも彼氏を作ってもらいたかったんだ。

 

最初にヒナに声をかけたのは、単純にモテそうだったから。ヒナは可愛いし、その気になればすぐ彼氏なんてできそうなのに、男の子を避けてるところがあったよね。

当時のわたしの彼氏を覚えてる? ケンケン。ひとつ年上のサッカー部で、シンジ先輩の親友だった。シンジ先輩をヒナに紹介するため、ケンケンに橋渡しを頼んだのは話したよね。ヒナには黙ってたんだけど、ケンケンは最初乗り気じゃなかったの。「あいつは友達としては面白いけど、女子にはおすすめできない」……そう言ってた。それでも、誰もが認めるくらいカッコよくて、自信があって、女の子が好きなシンジ先輩なら、ヒナのガードを突破できると思ったの。

何が言いたいかと言うと、最初からクズを紹介しようとしてしたわけではないってこと。条件に合う人が、たまたまクズだったってだけ。

 

シンジ先輩はあっという間にヒナの心に侵入した。初めての恋と恋人に、ヒナは夢中になったよね。当然、ヒナとわたしも仲良くなった。恋愛相談やノロケ話や愚痴を、飽きずに毎日話したよね。正直に言うと、シンジ先輩と付き合い始める前のヒナは真面目すぎて、ちょっととっつきにくかった。そんなヒナが、わたしの前だけで見せる涙や、とろけるような幸福な笑みが、すごく特別なものに思えた。

 

シンジ先輩の三股が発覚した時も、ヒナは一番に電話してくれたよね。一緒に泣いたのを覚えてる。あの時わたしは、本当にヒナが可哀想で、怒っていたし、悲しんでもいた。でもそれだけじゃなかった。なんていうんだろう。……暴風雨の中で歯をくいしばりながら、口には飴玉が入ってる、みたいな。通話中にふと鏡を見たら、泣きながら笑う自分が映った。ゾッとして鏡を伏せた。

 

シンジ先輩の浮気を知っても、ヒナは別れを選ばなかったね。「浮気を許す」が「二番目でもいい」になるまで時間はあんまりかからなかった。関係はシンジ先輩に切り捨てられるまで続いた。先輩を失って落ち込むヒナを元気づけたかったのは本当。『新しい恋が特効薬』なんて使い古されたフレーズは、16歳でも知っていた。そして、その特効薬はヒナに対して有効であると、親友のわたしは確信してたんだ。

 

ヒナに新しい彼氏をつくってほしい。新しい彼は、ヒナの通う西高の秀才は望ましくない。わたしの目の届く範囲の、わたしが橋渡しになれる男子でなくてはダメ。そういう考えで、わたしは当時自分のクラスメイトだった篠原を紹介することにしたんだ。

 

篠原に決めたのは、見た目もノリもいい人気者だったから。その裏で、「本命彼女がヤラせてくれない」「ふたりめの女が他校にほしい」と言い放つようなクズだったからです。わたしは篠原の本意を知らないフリして、ヒナと篠原を出会わせた。少し背中を押してやれば、篠原はヒナにアプローチをかけたし、少し相談に乗ってあげれば、ヒナもそれを受け入れた。……受け入れたのはヒナ。だよね?

 

たしかにわたしは確かに意図的にクズを紹介したし、ヒナがまともな男から好意を向けられれば、思いとどまらせるようやんわり止めた。でもそれって、選択肢を与えただけで、別に強制してないよね。恋の相手も、相談相手も選んだのはヒナだよね?

 

ごめんね。なんだか喧嘩腰になっちゃった。わかってほしいのは、わたしは何も押し付けてないし、ヒナが嫌いだったんじゃないってことです。ヒナの1番の親友でいたいから、ヒナには不幸でいてほしかった。わかる? 惚気話をする時って、友達といるより彼といた方が楽しいよね。わたしたちみたいな女にとって、女友達が必要なのって彼とうまくいってないときじゃない? どう?

 

質問②「どうしてヨシヒトくんを誘ったの?」

ヨシヒトくんって書くとちょっと変な感じがするから、山田にするね。山田もわたしが紹介した男。会社の後輩で、まともに女を好きになったことはないけど女の体は大好きっていう、典型的な遊び人だった。ヒナの大好きな塩顔高身長。完璧な人選のはずだった。ヒナが山田にハマり、山田がヒナを不幸にし、不幸なヒナにわたしが寄り添う。そのはずだったのに、山田がヒナに本気になるなんて想定外だった。

 

ふたりが体の関係を持ち、付き合うまではまだ良かった。いつの間にかふたりは同棲してたね。その相談がなく、事後報告だった時点で嫌な予感はちょっとしてた。相談なんかする理由がないくらい、山田は良い彼氏だったみたいだね。ヒナをいたわり、浮気をせず、しまいにはサプライズでプロポーズ。あのクズが? ヒナの惚気を聴きながら、わたしは焦った。ヒナの心が健やかになるほどわたしとの距離は離れていく。だから山田をホテルに誘った。都合の良いストーリーを作って、絶対にバラさないって誓えば、あの女好きは絶対に乗ってくるはずだった。それなのに、山田はわたしを拒否したばかりかヒナにチクった。わたしと寝ないのは別に良い。でもそれをヒナに告げ口する必要ある? 悪意があるとしか思えない。友情を壊したあの男を、わたしは絶対に許さない。ていうか、ヒナもどうして信じちゃうかな……。山田との付き合いはたったの1年。わたしとの10年ってなんだったの?

 

いっそ真実なんてどうでも良いんだよ。わたしが山田と寝たかったんじゃないのはわかるよね? 山田とヒナがこじれれば良かった。わたしにホテルに誘われたことを山田がヒナにバラす前に、わたしが「山田にずっと口説かれてた」「山田にホテルに誘われた」ってヒナに話したら、ヒナはわたしを信じてくれた? 先に仕掛けなかったこと、証拠を残してしまったこと、山田とヒナを繋いでしまったこと。今でも本当に後悔してる。

 

わたしはこの10年間、ヒナが本当に大好きだったよ。恋愛感情ではないけれど、山田や元彼たちより強く、一番ヒナを想ってるのはわたしだと思う。それはわかってくれるよね? ヒナが嫌なら、もう男は紹介しないし、山田と結婚したいならしたっていいよ。でも、大人になると恋人を作るより、大事に思える女友達を作る方が、ずっと難しいと思わない? ヒナを失いたくないよ。ヒナにもわたしが必要だと思う。

 

お願いだから連絡をください。もう一度ちゃんと話したいです。

LINEのIDはそのままだし、SNSも、電話もメアドも変わってません。わたしがこの内容を葉書に書いてヒナの実家に送ってしまう前に、返事をくれると嬉しいです。

ブログなんかで公開してごめん(連絡があればすぐ消します)。いつでも連絡を待ってます。

 

---

 

その他の記事

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com
www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

 

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

恋の魔法は一瞬で

f:id:yoshirai:20211229223730p:plain

(※恋人間の暴力描写があります。苦手な方はご注意ください)
バイト先で一目惚れしたたっちゃんは、当時ハタチの大学生だった。切長の目、尖った鼻、薄い唇、黒髪、ちょっとダサいTシャツと汚れたスニーカー、身長、声、爪の形、右上がりの癖のある字。ありとあらゆるポイントがわたしのストライクゾーンど真ん中。バッターアウト、ノックアウトです。

 

それから2年、誇張ではなく2000回は「好きです」と伝えて2000回フラれた。いや、出会いから1年後には「好きです」の「す」で「勘弁してくれ」と真顔で言われるようになり、そこからさらに半年経つと、目が合うだけで「無理だから」と斬られるようになったので、実質4000回はフラれてる気もする。仮分数……。

ラブレターを彼のエプロンのポケットに忍ばせ「ゴミを入れるな」とマジギレされて号泣したのも、今では良い思い出です。恋愛成就で有名なパワースポットに通い詰め、大学生にもなって「彼を振り向かせるおまじない♡」なんてのは片っ端から試した。神の力か、おまじない効果か、はたまた酒をしこたま飲んでスクランブル交差点の真ん中で「付き合ってくれなきゃ死にます!!」泣き叫んでその場に転がったからか、彼女になることができました。渋谷のコンクリートの冷たさを額に感じてから5年。わたしも大人になりました。

続きを読む

私の妹にならないひと

f:id:yoshirai:20211224111110p:plain

中学の頃、隣のクラスの不良の奥山くんに「このままだとお前は絶対にいじめられ心身ボロボロになり家に火をつけられる。俺が守ってやるのでやらせろ」と言われた。やらせた。初体験だった。

3年間、定期的に奥山くんに呼び出された。友達はできなかったけど、おかげさまでクラスメイトに家を燃やされることなく卒業できた。ただ当時の同級生たちの間では、わたしが奥山くんにいじめられていると噂になっていたらしい。それが理由で遠巻きにされてたと知ったのは成人式だった。びっくりしたし、なるほどと思った。
これはわたしという人間を象徴するエピソードだ。考えるのが苦手で、人の言うことを鵜呑みにし、後で利用されていたと知る。

 

そんなわたしを育てたママは、PTAの集まりで「女の子はバカで良いんですよ」と平気で言ってしまう人で、当然保護者の中でも浮いていた。その代わり、周りにはたくさんの男の人がいた。お金をくれる人も、難しい申請や雑用を請け負ってくれる人もいた。わたしはそのうちの何人かを、パパと呼ぶよう求められた。
「わかんない」「そんなの男の人にやってもらえばいい」がママの口癖だった。バカであること、バカなのに男の人の力によって生活ができていること、女としての魅力によって『バカであることを許されている』という自負は、ママの宝物だった気さえする。

続きを読む

兄の妻になるひと

f:id:yoshirai:20211222152358p:plain

兄が「結婚したい人がいる」と言うので、相手は当然ハナちゃんだと思った。兄とハナちゃんは高校時代からの付き合いで、お互いの家族も公認の仲。わたしを本当の妹のように可愛がってくれたハナちゃん。彼女が東京の大学に進んだ時は別れてしまうのではと心配したけれど、ふたりは遠距離恋愛を続けた。無事卒業したハナちゃんは地元に戻って小学校の先生になった。

 

でも兄が連れてきたのはハナちゃんじゃなかった。土曜日の午後、兄の車に乗ってきたのは知らない女の人だった。華奢で小柄。カジュアルなワンピースを着ているけれど、サイズの合わないTシャツを着た子供のような印象を受ける。使い込まれたanelloのリュックにはゆるキャラのマスコットがついていた。肩で切り揃えられた黒髪は、艶があるけど後ろが跳ねている。化粧っ気のない顔は下手するとわたしより年下に見えた。両親も想定外だったようで、ふたりとも「え?」という顔をしていた。

 

「ウタちゃんです」
兄は平然と言い放つ。家族の動揺を無視した顔。騙し討ちだと思った。どうやら兄はハナちゃんと別れたことを言い出せず、当日まで黙っていたらしい。ウタちゃんと呼ばれた女の人はぺこりと頭を下げた。あんたもせめて自分で名乗るくらいしろよ、と心の中で舌打ちをした。

 

わたしたち家族の頭には、間違いなくハナちゃんの顔が浮かんでいた。けれど婚約者を前にして、元彼女の名前を出すわけにもいかない。ぎこちない笑顔を張り付けて、わたしたちは彼女を家に迎えた。

続きを読む

大企業に転職したらデスゲームの運営担当だった件

f:id:yoshirai:20211211210255j:plain

「栗原さんは総務部に配属予定でしたが、実は社内の極秘プロジェクトでご活躍いただきたいのです」

 

セクハラジジイとパワハラババアの跋扈するこの世の地獄のようなブラック企業に勤めて2年。社長を殺すか転職するかの二択で迷っていたところ、ダメ元で受けた日本有数の大企業から内定が出た。ダブルピースで辞表を提出。晴れて自由の身となった。

 

半ば脅してもぎ取った有給を満喫し、今の会社に入社したのは6月の頭。中途半端な時期だったけど、同日入社の人がけっこういて、「だ、大企業〜!」って思った。オリエンテーションを終え待機していると、配属先の先輩社員が、同期を続々と迎えにきた。ひとり取り残されたわたしが「はて?」と首を傾げていると、人事部長に別室に呼ばれた。ブラインドを下げ、鍵をかけた個室で言われたのが冒頭のアレ。極秘PJの内容は、正式配属まで言えないとのこと。

続きを読む

アヤちゃんと3人のトモダチ #平子

f:id:yoshirai:20211208011035p:plain

(※こちらの話とリンクしています)

これまでの人生で、他人から言われていちばん腹が立ったのは、「空気の読めないフリをしないで」。相手は大学の友人・アヤだった。

---

わたしの育った平子家の家訓は、「いま言わないなら黙ってろ」である。

親は子供は3人のつもりだったそうだ。でも末がまさかの双子で、その上なんやかんやでもうひとり増え、結局5人兄弟となった。当然毎日が戦争状態。双子が喧嘩をはじめたと同時に長女が部活で骨を折ったと連絡が入り、末っ子が転んで頭をぶつけて号泣。挙げ句の果てに長男が「引き出しでダンゴムシ飼ったら増えてた」と言い出す始末。そんな状況だったので、ひとりひとりに細やかなケアなど望めなかった。「やっぱりあれが欲しかった」とか、「言わなくてもわかってほしい」なんて要望は決して通らない。その代わり、言えば叶えようと努力してくれる両親だった。

両親の素質をしっかり受け継ぎ、平子兄弟は全員ガサツに育った。「全員が全員、欲しいものを欲しいと言えるわけではない」というのは小学生のうちに理解したけれど、素直に「欲しい」「やりたい」「絶対嫌」が言えるのは、わりと得する性分だとは、もう少し大人になってから知った。

類は友を呼ぶとはよく言ったもので、高校生まで友達は、同じようなタイプばかりだった。アヤみたいな子と親しくなったのは大学が初めて。ちなみに「アヤみたいな子」というのは、自分の意見をまったく言えない子、の意味だ。

 

どうして仲良くなったかは覚えてない。しーちゃんかユリノ……まぁたぶんユリノだろうな……が、何かのきっかけでお昼に誘ったのが始まりだろう。それからなんとなく、4人で行動することが増えた。おしゃべりなわたしやしーちゃん、ユリノがどんなに盛り上がっていても、アヤは聞き役に徹していた。ニコニコ相槌を打ってるだけのアヤに対して、「本当に楽しいのかな」と思ったことは一度や二度じゃない。ただし、たまに話し始めると話題は過剰に自分を下げた自虐か愚痴なので、黙っててくれた方がマシではあった。

普段は流されるままのアヤだけど、彼女はどうしても賛成できないことがあると、黙り込んでしまう癖があった。最初はアレコレ気を遣っていたものの、そのうち面倒で取り合わなくなった。かまってちゃんをするのは自由だ。でも当然、人にはかまってちゃんをかまわない権利がある。

続きを読む

アンチ活動結果報告(2)

f:id:yoshirai:20211205213955p:plain

(この話の続きです)

「株式会社白井システム所属、明城大学出身の広田ナコさん。インスタもTwitterも本垢抑えてます。逃げるなら全部晒すから」

 

『り』と名乗った女の子、YouTuberのシマレナのアンチだったはずのその人は、どう見てもシマレナ本人だった。完璧な形の眉とまつげ。唇はマットなオレンジブラウンで、ツヤ肌とのコントラストが絶妙だった。もうとっくに冬だというのに、シマレナはアイスコーヒーを頼んだ。猫舌の麗奈ちゃんは温かい飲み物を飲めない。そのことを、わたしはずっと前から知っていた。

 

注文の品が運ばれてくるまで、わたしたちは言葉を交わさなかった。シマレナはテーブルの上に肘をつき、わたしをじっと見つめていた。薄く笑ったその顔には、小学生の頃のシマレナ――島田麗奈ちゃんの面影がある。
わたしが元同級生だと気づいただろうか。いや、所属や本名がバレてるんなら、そんなのとっくに……。わたしは麗奈ちゃんの目を見られなかった。

続きを読む