ゆらゆらタユタ

アラサーとゆとりを取り巻くもろもろ

【NANA】小松奈々(ハチ)という女

気づいたらNANAだった

初めてハマった少女漫画がNANAだった。作者はご近所物語、パラダイス キスなどを世に送り出した矢沢あい。2000年の読切から始まったNANAは、作者の体調不良によって2008年から休載中である。


おしゃれな絵柄と魅力的なキャラクターたちに、中学生のわたしは夢中になった。とりわけ美貌と才能を併せ持つナナのインパクトは強烈で、新刊が出るたびに本屋に急いだ。


東京行きの新幹線で出会ったナナと奈々(通称ハチ)。同い年のふたりは、偶然の再会によりルームシェアすることになる。

奈々は美大に進学する彼氏を追いかけて、ナナはミュージシャンとして成功するため東京へ。正反対に見えたふたりだが、意外にも友情を深めていく。 

f:id:yoshirai:20210723224301j:image

左:小松奈々(通称ハチ)/右:大崎ナナ
NANA - 矢沢あい(3)(集英社/2001年/P156)より

続きを読む

すごく“大丈夫”な永遠の別れ

f:id:yoshirai:20210712201315p:plain

「葬式なんて残された人たちのためのお祭りじゃん、っていつも白けた気持ちでいたけど、あんなの可愛いもんだったよね」

清潔な病室でニナはため息をついた。どんなに医療が発展しても、人間は死ぬ時は死ぬ。若くても、才能があっても、どんなに愛されていようとも。


あと数ヶ月でニナの人生が終わる。けど人格はデータに残る。生前の脳の情報をコンピューターに転送するマインド・アップロードは、今や一般的な技術となっていた。

電子端末からコールすれば、生きている人はいつでもニナと会話ができる。体感的にはテレビ電話と変わらない。愛媛の田舎のニナの母親と東京にいる夫のマサノリさん、各々と同時に話すことさえ可能になるから、むしろ今より繋がりやすくなるとも言える。


あくまで死者との対話はシュミレーションで、機械が死者の人格を再現しているにすぎない。けれど、大切な人の容姿や記憶を引き継いで、泣いたり笑ったりする彼らをただのデータと割り切ることは、わたしたちにはまだ難しかった。一部の人は頑なに『死』という言葉を避けて『引越し』と呼んだ。壊れやすい肉体を捨て、データの世界への引越すだけ、というのが彼らの主張だ。

 

続きを読む

暗黒のハーレム漫画「少年のアビス」を読もう

ワールドエンド・ボーイ・ミーツ・ガール「少年のアビス」を読んでいます。

昨年末から新刊が出るたびにtwitterでワーワー言ってるので、フォローしてくれている方は「またその話か」と思うでしょうが、その話です。

※以下、最新刊までのネタバレを含みます。

何もない町、変わるはずもない日々の中で、高校生の黒瀬令児は、“ただ”生きていた。家族、将来の夢、幼馴染。そのどれもが彼をこの町に縛り付けている。このまま“ただ”生きていく、そう思っていた。彼女に出会うまでは――。 生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、開幕――!!

[第1話] 少年のアビス - 峰浪りょう | となりのヤングジャンプ

家庭と街、二重に閉じ込められた主人公

「オレ、この町を出れないんですよ」

f:id:yoshirai:20210625062849j:plain

少年のアビス - 峰浪りょう(1)(集英社/2020年/P10)より 

主人公の令児は高校生。引きこもりの兄、認知症を患う祖母、唯一の稼ぎ手の母と暮らしています。母親は看護助手で父親は不在。成績は優秀ですが、決して裕福ではない家計を助けるために高校卒業後は就職を希望しています。

 

経済的な事情で祖母を施設に入れられず、母親と令児が自宅で介護をしています。祖母の排泄の失敗を処理し、機嫌を損ねて暴れる兄のために彼の好物を買いに行く。疲れた顔の母親が言う、「あたし、くんがいなかったら死んでたわ」。これが令児の日常でした。

 

そんな中で出会った憧れのアイドル・青江ナギ。彼女に心中に誘われた令児は、とある小説の舞台となった情死ヶ淵に向かいます。が、決行寸前で担任である芝田先生に見つかってしまい、心中は未遂で終わりました。

 

……出会って間もない高校生とセックスし、心中に誘う青江ナギよ……。が、「いったん彼女のことは置いといて」となるくらい、令児の周りの地元勢がヤバいんですね。

 

続きを読む

全自動お茶汲みマシーンマミコと女友達

f:id:yoshirai:20210618015410p:plain

マミコちゃんって、女友達少なそうだよね。

金曜の夜、小洒落たフレンチレストラン。マッチングアプリで出会って新しく彼氏(同時進行4人目)となったハルキの言葉に、マミコは少し首を傾げて微笑む。どうして? 

ハルキは上機嫌にワインを飲み干し、グラスをテーブルに置いてから言った。だって可愛いから妬まれそうだし、意外とサバサバしてるから、男といる方が楽なタイプじゃない?

こんな風に言われるのは初めてではない。なぜか一部の男性は、女友達が少なそう、女の子に嫌われてそう、を女への褒め言葉として使う。

 

――結局女が嫌いなんだよ。感情的なバカだと思ってるのに、君だけは違う。だから好き。そうやって目の前の女を“俺のお眼鏡にかなう商品”にして、同時に“お目の高い俺”にニヤついてるの。……そう吐き捨てたのはユウカだったか。

続きを読む

14歳と『偽物の神様』

f:id:yoshirai:20210611225856j:image

今月7日、衆院議員の「50歳と14歳と同意の上の性行為で、捕まるのはおかしい」という趣旨の発言に多くの批判の声が上がった。詳細を伝える記事やネットの反応を見て、真っ先にわたしの頭に浮かんだのは、島本理生さんの小説「ファーストラヴ」の中の「偽物の神様」という言葉だった。

 

女の子の周りには、偽物の神様がたくさんいるから

「ファーストラヴ」は島本理生さんの2018年の作品で、直木賞を受賞している。今年北川景子さん主演で映画化された(現在アマプラで配信中)ほか、NHKでドラマにもなっている。

なぜ娘は父親を殺さなければならなかったのか?

夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか? 臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、環菜やその周辺の人々と面会を重ねることになる。そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは? 「家族」という名の迷宮を描く傑作長篇。

『ファーストラヴ』島本理生・著 第159回直木賞受賞作 | 特設サイト - 文藝春秋BOOKS - 文春オンライン

続きを読む

きみは傍観者

f:id:yoshirai:20210606223422p:plain

夕日の差し込む教室で、整列した机を眺めていた。何十年もこの学校に閉じ込められて、教科書やお弁当、女子高生の尻を乗せ続けてきたわりに、上品な面構えだと思った。


廊下から足音がした。足音だけでアオイだとわかった。お父さんの影響で、あらゆる武道や格闘技をかじっている彼女の体の運びは特徴的だ。後ろの引き戸が開く音。わたしを見た彼女の動揺は、振り向かなくても伝わった。アオイは無言で自分のロッカーから何かを取り出し、黒い合皮の鞄に入れた。そのまま立ち去ろうとして、ドアの手前で立ち止まる。すべてが静止した数秒があって、観念したようにアオイは教室の中央まで引き返してきた。わたしの斜め前の机に、わざと音を立てて鞄を置く。持ち手についたミニーのマスコットの、能天気な笑顔と目が合い不愉快だった。少しの間があって、アオイは普通のクラスメイトみたいに声をかけてきた。「元気?」。

 

「元気だよ」の答えを期待してるのがわかったから、何も言わずに視線を外した。肉体的には健康だった。けれど、精神的には決して余裕はなかったし、そんな自分に落胆してもいた。


世界のあらゆる場所と同じく、この狭い教室にもはっきりとした階層がある。クラスの女王・深川ミナミを頂点として、その他大勢の立ち位置は彼女の気分次第だった。底辺に落ちればクラス中の輪から外されて、一挙一動を陰で笑われる。不名誉な噂を流される。……でも、言ってみればそれだけだった。賢いミナミは引き際を心得ていて、暴力や金銭の要求や、証拠の残る動画やSNSを使った加害はしなかった。

続きを読む

死んだ先輩と転職活動

f:id:yoshirai:20210604161257p:plain

会社の先輩の森さんの話なんだけど、彼女は普通にいい人なのね。いつも穏やかで優しくて、 怒ってるところは見たことない。ていうか、いつも笑ってる。ただ明るいってのとはちょっと違って、レベル1の笑顔をずーっと顔に乗せてるみたいな。


でね、この森さんが人のことをよく褒めるんだ。「すごいですね」とか「素敵です」とか。その言い方が、なんていうかすごく平坦なの。媚びてる感じも熱もなく、かといって悪意や嫌味もなく。「心がこもってない」って言う人もいるけど、わたしはもっと単純に、「思ったので言いました」って風に聞こえる。もう少し詳しく言うと、寒い日に地下鉄の入り口に入ると、生ぬるい空気が吹き上げてきて、思わず「あつ」って口に出しちゃうことってあるじゃん。たぶんそういうやつじゃないかな。自分の口から出た「あつ」は、誰に聞かれても、聞かれなくても問題なくて、階段を下りきる頃には記憶から消えかけている。でもそれって別に嘘ではないよね。森さんはたぶん、反射的に口にしてるの。あつ。すごい。さむ。素敵。森さんの薄くて儚いそういう言葉が、わたしには妙に心地よかったの。

続きを読む