ゆらゆらタユタ

アラサーとゆとりを取り巻くもろもろ

全自動お茶汲みマシーンマミコとマミコのことが大好きな男

f:id:yoshirai:20190321161138p:plain

3/14、仕事終わってから会える?とショウタから連絡があったのは、3月のはじめのことだった。ショウタはマミコのことを彼女と思っている男のひとりで、今や1番の古株である。ナカモトショウタ、24歳。友人と起業した会社でゲームやアプリを作っている。

 

ショウタとは、大学時代のアルバイト先のカフェで出会った。彼はマミコより3歳年下で、一緒に働いていた期間は1年に満たない。あの頃のショウタはいかにも田舎から出てきた純朴な学生という印象で、いつも自信なさげにキョロキョロしていた。けれど素直で一生懸命なので、すぐに皆に可愛がられた。

 

当時から、ショウタの好意には気づいていた。ただ、その時マミコには彼氏がいたし、ショウタもそれを知っていた。ショウタの恋が、そのまま静かに終わっていれば、今でも彼はマミコの可愛い後輩だっただろう。



就職後、マミコは大手代理店の彼氏にフラれ、一時荒れに荒れた。そこの隙間に入り込んだ……いや、さすがにそれはずるいか。隙間を埋めたいマミコの手近にいたのが彼だった。関係はもうすぐ5年になる。……5年!マミコは少しめまいがした。

  

ショウタはマミコが好きである。それは他の男とは明らかに違う『好き』だ。マミコを女の子Aじゃなく、ノガミマミコとして見ている。その上で好きだと言っている。それはおぞましく、しょうもなく、あってはならない最低の趣味だった。

 

大学の頃は、ショウタの好意はそこまで疎ましいものではなかった。応えられないけれど嬉しい。そういう健全な受け止め方ができていた。

けれど、けれど、今のマミコは全自動お茶汲みマシーンである。言われたことをやり、期待される反応を返し、女の子の型にしがみつくだけの女の子Aだ。だから、ショウタ以外の男の見方が正解である。正解は、醜悪であっても安心するし、キモチイイ。

 

ショウタはマミコが老いても太っても、態度を変えないだろうと思う。マミコが腎臓をくれと言ったら差し出しそうですらある。そういう恐ろしさが彼にはある。まったく意味がわからない。ちなみにマミコとショウタは2年ほどセックスレスである。

 

 

日常的に乱用しているすご〜い♡素敵〜♡さすが〜♡も、ショウタの前ではほとんど出ない。え?知らない。そうだっけ?あっそ。全自動お茶汲みマシーンとしては完全な動作不良である。それでも彼は懸命にマミコの機嫌をとろうとし、喜ばせようとする。そのたびにマミコは無性に苛立ってしまう。その苛立ちの先はショウタではなく、おそらく自分自身である
 

出会った頃に比べて、ショウタはぐっと垢抜けた。バイトや研究、仕事でどんどん自信をつけて、仲間や実力、経済力を得た。友情努力勝利である。顔だって決して悪くない。少し鈍感な部分もあるが、性格はめちゃくちゃいい。そう、マミコの姉みたいに。だからマミコ以外の女の子をいくらでも選べるはずなのだ。それなのにマミコが良いという。最低のセンス。最悪のチョイス。

 

 

結局ホワイトデーには予定が合わず(マミコは他の男とデートだった)、会ったのはちょうど一週間後。奇しくもマキアージュ ルージュ ミニの発売日である(※1)。ブルーやイエロー、パープルなど奇抜な色もあるけれど、どれも透明感があって肌なじみがよく、なにより小さくてかわいい。マミコは早速2種類購入した後、ショウタとの待ち合わせに向かった。

 

待ち合わせの前に鏡を見ないのは、ショウタと会う時だけだ。左手の人差し指のネイルの欠けにも、昨日の夜には気づいていた。でも塗り直す気にはならない。パラドゥのネイルファンデーションは全国のセブンイレブンで買えるし、色味もまるで美少女の爪だし、欠けたところに塗り直すのも簡単だ(※2)。けれど、会うのはショウタなのだから。

わたしに鏡を見せない男は最低、爪を塗り直させない男は最低。マミコは頭の中で繰り返す。それは自分言い聞かせるというか、なんだか祈りのようだった。

 

ショウタと会うとイライラする。でも、マミコは別れようとは言えない。どうして?たぶん、狡猾な理性がそうさせている。だって、彼と結婚すればアガリである。経済的にも、愛情的にも。というか、『愛されるワタシ』でマミコ自身をラッピングできる。きっと友達も羨ましがる。そんなことを考える女は、やはりショウタにはふさわしくない。

 

……でも、マミコに会いたがるのはショウタの方だ。悪いのはマミコではない。ショウタの趣味の悪さのせいだ。だからマミコは悪くない。マミコは悪くないのだ、絶対に。

 

 

---

(※1)

マキアージュのルージュミニ、3/22発売のはずが一部のドラッグストアでは先行販売していた。マミコはカシスフラッペと、ニュアンスチェンジができるクリスタルソーダを買った。リップは使い切れないことも多いが、このくらいのサイズだと嬉しいし、色々な色を試せて良いと思った。いっそこのサイズが標準になってほしい。

maquillage.shiseido.co.jp

 

(※2)誰にでも似合い、誰にでも好印象のネイルファンデーション。素爪よりちょっと血色良く、ツヤが出る。ネイルが嫌いな人にも受けが良く、さっと塗るだけでちゃんと手入れしてるっぽい爪になる。塗りたい色がない週はたいていこれ。間違いがないので

www.parado.jp

 

マミコシリーズはこちらから

www.yoshirai.com

1話はこれ↓

www.yoshirai.com

ワンナイトラブにラブはあるのか

f:id:yoshirai:20190116215748p:plain

花から花へ、蜜を吸うようにワンナイトラブを繰り返しているわたくしですが、先日ひとりの友達に「何がワンナイトラブだよキモ、どこがラブだよマジキモい、ヤリ捨てされてるだけじゃんほんとキモ」と言い捨てられて、思うところがあったのでこうしてブログを書いています。彼女が語尾に「キモ」をつけるタイプのキャラ変をしたわけでないのなら、相当キモがられているようです。それにしたって「キモい」はひとつのセリフにひとつまで、そう学校で習わなかったキモ?


ワンナイトラブにラブはあるのか?という問題ですが、人によるんじゃないですか?詳しく知りたきゃAMを読め。ただしわたしの見解としては、ラブはあります。絶対に。

初対面だろうが顔見知りだろうが、その時いいと思った人への感情が、ラブじゃなかったら何なんですか。紆余曲折経て幼馴染と結ばれるだけがラブですか。国産オーガニック無農薬生産者の顔が見えるレタスだけがレタスだと思うタイプですか???

すごい勢いで蒸発してゆく感情を、ラブと呼んではいけない決まりがありますか。ラブ揮発性。わたしのラブは空気に溶けて、朝には世界に還ってゆく(ポエム)。

続きを読む

都合のいいあなた

f:id:yoshirai:20180805232911p:plain

「いい加減まともな男を見つけろ」

390円のビール片手に諭されたあの日、ハタチのわたしが「まともな男なんかどこにもいない」とわめいたら、ちょっと間をおいて佐藤が言った。「……俺は?」。唖然。

 

佐藤は大学の同期だけど、年齢は2つ上だった。いつでも甘やかすでも突き放すでもない対応をしてくれるから、何かあるとみんな佐藤を頼った。


そんな佐藤の「俺は?」が冗談でないのを察した時の、足もとが崩れてゆく感覚。わたしは「何言ってるの」と笑顔で逃げて、佐藤も「だよな」と逃してくれた。

 

大学の仲間は卒業してからも仲が良く、何かと理由をつけては集まっていた。ある日の飲み会で、長い間彼女がいないことをからかわれた佐藤が「でも好きな人がいる」「無理かもしれないけど告白するつもり」と言い出した時は、場は大いに盛り上がった。

たまたま彼氏と別れたばかりの(そして、それを佐藤に知られている)わたしは、ビールにちびちび口をつけながら、やばい、やばいと目を泳がせていた。この飲み会の後、わたしは佐藤とふたりで駅まで歩かねばならない。


みんなと別れてから、佐藤に口を開かせないよう、わたしはひとりで喋り続けた。実家の猫から宇宙まで話が飛躍したところで、佐藤が相槌をやめて黙り込む。あぁ。


佐藤が息を吸う。そして吐き出した「あのさ、」にかぶせて、わたしは一方的にまくしたてた。「佐藤、好きな子がいるって言ってたじゃん。佐藤に想われるなんてその子も幸せ者だよね、でも佐藤にふさわしい子って他にいるんだと思う。ほら見て、高校の友達のユキちゃん。可愛いでしょ?どう?佐藤ならわたしも安心しておすすめできるし」……みたいなことを、ひと息で。


うつむいたわたしの頬の熱さを、2月の冷気がさらっていく。佐藤の顔を見られなかった。いつかの居酒屋みたいな沈黙に、心臓がじわじわ締め付けられる。

「……ありがとう。会ってみる」

こうして佐藤は、再びわたしを逃してくれた。

 

続きを読む

全員うるせえ、特にお前

f:id:yoshirai:20190106023831p:plain

「あのさぁ、マジでいいかげんにして」

そう言ったなっちゃんの視線は鋭く、体に穴が空きそうだった。何も言わないところからして、亜由たちも同じ気持ちなんだろう。男子は状況が飲み込めず、遠慮がちな視線をいったりきたりさせている。


なっちゃんの言うことはもっともというか、積もり積もったものがあったんだと思う。ふとした瞬間の冷たさとか、冗談めかした、でも絶対マジなダメだしとか、そういうサインには気づいていた。距離をとるべきなのはわかってたけど、離れるのも怖かった。

 

沈黙。一旦ターンを終えたなっちゃんが、わたしの言葉を待っている。何か言わなくちゃ。何か、何か……何を?

続きを読む

2018年 書いたもの


f:id:yoshirai:20190103204458j:image

あけましておめでとうございます。

去年はブログ10本、AMでの連載が16本、秋から始まったアイスムでの連載が3本、計29本の記事を書きました。その中で特にお気に入りの10本をまとめました。アクセス数などは関係なく、単に気に入ってる順です。時間がある時に読んでもらえると嬉しいです。

 

1 いつかあなたを裏切るわたし

www.yoshirai.com

「とても優しい人だけど、優しい人は神様になれない」

恋人と、“どちらかが神様になる関係”しか築けない女の子の話。

 

2 イヤな女!シリーズ

第一回:https://www.ism.life/contents/786

第二回:https://www.ism.life/contents/827

第三回:https://www.ism.life/contents/877

f:id:yoshirai:20190103201741j:image

「たぶんいい子なんだと思う。でもどうしても、好きになれない」

アイスムさんでの連載は、なんとイラストレーターのカラシソエルさんに漫画を書いていただいています。身近な「悪い子じゃないのに、好きになれないあの子」を思い浮かべながら読んでもらえたら嬉しいです。

 

3 恋愛は人生の必修科目ではないを自分の評価を他社に委ねるのはしんどいから

am-our.com

「強い男の子に、性的な価値を差し出す代わりに、辛いことから遠ざけてもらう。」

自分に差し出せる魅力がなくなった時のことを思うと死にたくなっていた頃の話

 

4 枕営業なんてしません 

www.yoshirai.com

「……失礼だと思いませんか。わたし、仕事のために男の人と寝たりしません」

上司と寝た女の子と、その先輩のお話です。わたしは女と女の関係が好きです。

 

5 全自動お茶汲みマシーンマミコと他人の夫

www.yoshirai.com

「マミコが今手にしているのは、ひとつの家庭をグチャグチャに壊せる銃だった」

全自動お茶汲みマシーンマミコが不倫相手の奥さんに遭遇した話です。

 

6 「ブス」に悩み続けて20年。美しさはすべてを解決する魔法なのか

am-our.com

「美しさを、すべてを解決する魔法のように思っている節がある」

「ブスだから無理」と考えることよくあったけど、それって都合のいい言い訳だった気もしてきた話

 

7 マジでフラれる5秒前

www.yoshirai.com

「セフレの極意は『都合よく、めんどくさくなく、油断せず』」

恋したセフレに別れ話をされる直前の女の子の話。

 

8 夢中だった彼をふった女友達。未練たらたらな彼に感じたこと

am-our.com

「彼の証明方法は、たぶん「許し」だったんだろう。」

友人としてはかなりイイ奴だったのに、彼女に対してだけは、モラハラ気味だった男友達についての話。↓の記事のミホちゃんのお話です

ミホちゃん、不倫やめないってよ。 - ゆらゆらタユタ

 

9 不倫をするのは普通のいい子が多い。「期待値の低い恋」のメリットとは

am-our.com

「せやかて工藤、あいつ既婚者やん……?」

小説やドラマでは、不倫をしている女は好戦的に描かれがちだけど、意外と普通の女の子が普通に罪悪感を持って既婚者の彼女をやってるな?ってあたりを書きました。 

 

10 平面女より愛をこめて

www.yoshirai.com

「あなたは結局、わたしみたいな頭の悪い女が好きじゃないですか。でも、頭の悪い女が好きってダサいし、認めたくないですよね。わかる(笑)」

女を平面的にしか見られない元カレに呼び出された女の子の胸のうち。

 

---

今年は新しい形の連載も始まり、仕事もプライベートもほどよく頑張れたと思います。今年はどれくらい文章書けるかわかりませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2017年のまとめはこちらwww.yoshirai.com

ちょうどいいブスは自分の中で完結してくれ


f:id:yoshirai:20181215190128j:image

今月のはじめ、芸人の山崎ケイさんの著書「ちょうどいいブスのススメ」のドラマ化が話題になっていた。

www.ytv.co.jp

 

ネットで拾える情報を拾って、まず思ったのはこういうことだった。 

と、いうわけで本を買ってきた。

最後まで読んではみたものの、「想像以上に想像通りの内容だったな」というのが正直なところだ。そして想像以上に「ちょうどいいブス」のハードルは高く、一般の女子に「ススメ」られるような内容ではないと思った。逆に「ちょうどいいブス」を自称して今より幸せになれるのはどんな子だろうと考えてみたが、こういう感じではないだろうか。

  • もともと自分に自信があって
  • なんならそこそこモテてきて
  • セックスが好きで
  • メンタルが強く
  • 頭の回転が早く
  • コミュニケーション能力が高い

山崎ケイさんは「ちょうどいいブスを自覚してからの方がモテるようになった」と色々なところで発言しているけれど、今ほどでなかったとしても、彼女は昔からモテてきた人なのだ。「自分のことを大好きな人としか付き合ったことがない」と言う通り、愛された経験のある人だ。

誠子「今まで何人もケイちゃんみたいにブスの自覚なくお笑いの世界に入ってその後ブスいじりされて芸人の世界から去っていったブスを私何人も見てきたから、ケイちゃんも絶対に続かないと思ってた」

山崎ケイ「ちょうどいいブスのススメ(主婦の友社)」より

自覚がなかった山崎さんがいじりに耐えられ、それを逆手にとる処世術を編み出せたのは、「ブスいじりをされる前に強固な自信が出来上がっていたから」に尽きると思う。生まれつきなのか、過去愛されてきた実績からか、もしかしたら学歴とか、頭の回転の速さによって培われてきたものかもしれない。

 

わたしは「人の外見はパッケージ、自信はその上のラッピング」みたいなものだと思っている。美人じゃなくてもスゴいモテ方をする人はわりといて、そういう人はラッピングがすごく上手だ。山崎さんはきれいで頑丈なラッピング=自信がもともとあったから、ブス扱いにも負けなかったし、「ちょうどいいブス」という新たなウリを手に入れて、ますますモテが加速しただけではないかと思う。

 

続きを読む

枕営業なんてしません

f:id:yoshirai:20181118230119p:plain

あれ、西條さんですか?

わぁ嬉しいな、お久しぶりです!今日は出張だったんですか?あぁ、あの新しいビルの案件、西條さんが担当なんだ。さすが、うちの元エース。……ううん、2年も経ってないですよ。先輩が本社に異動して、まだ1年と8ヶ月。

 

はい、今は定時過ぎたらこんな感じです。先月はわりと忙しくって、みんな残業してたんですけど。

部長ですか?部長は今でも毎日遅くまでいます。ただ今日は、めずらしく早く帰ってますね。会食だって言ってたかな?

 

今日先輩が来たの知ったら、みんな残念がりますよ。わたし残っててラッキーだったな。……いや、わたしだけが残業っていうか、なんか色々、引き継ぎとかで……。

 

あ、違います辞めないですよ。引き継ぎ、受ける方なんです。

もうすぐ主任が産休なんですけど、わたしが後任になったんです。……いやいや、全然めでたくないです。内示もなしに、突然みんなの前で発表されて。だから引き継ぎに時間とられて、自分の仕事は定時後に。

続きを読む