ゆらゆらタユタ

アラサーとゆとりを取り巻くもろもろ

テニス、セックス、ヘッドスパ

テニス、セックス、ヘッドスパ

30になってもセックスの良さがイマイチ分からず、女友達が絶賛するセフレと寝てみることにした。


「絶対に好きになりません」

「セックスは1回きりです」

「連絡先は消去します」


そんな念書まで書かされたので、「ランちゃんが彼を好きなら遠慮するよ」と言ってみたのだけど(わたしは『友達のセフレ』とは寝れても『友達の好きな人』とは絶対に寝ない、わりかし硬派な女なのである)、「そんなわけないじゃん」と返されて、その顔は少し引きつっていたような気はするけれど、「友達とセフレをシェアってのも気持ち悪いじゃん?」「こっちが会えなくなるのも嫌だし」「彼はわたしの……わたしの、いつでもセックスできる、都合のいい男なんだから」という、「わたしが好きなのはあくまでも、『彼とのセックス』なんですよ?」を強調しまくる念押しの後で、微妙に盛れていないわたしの写真がセフレの彼に送信された。返信は10分たたずに来た。


「今日でもいいよ。18時以降にウチでヨロシク」

グーグルマップで住所を共有。デキる男はスムーズである。


それから30分くらい、ちょっと不機嫌になったような、そうでもないようなランちゃんに「まぁ上手いって言っても相性はあるけど」「ちょっと小汚い感じだし、あなたのタイプじゃないかもね?」などと言われながらお茶をして、わたしは男と寝るため店を出た。

 

知り合いの紹介とはいえ、初対面の女に警戒心ゼロで住所を教えるランちゃんのセフレは、確かに長髪でヒゲを生やしていたが、不潔な印象はまるでなかった。むしろベースは塩顔イケメンに属する顔で、わたしは逆にがっかりした。いかにもランちゃんの好きそうな男だ。ホンマにセックス上手いんでっか?顔面ボーナスちゃいまっか?

 

 

それから2時間後、わたしはひとりで部屋を出た。……なるほどなるほど……顔面ボーナスとか言ってごめん!確かに上手かったです。ムード作りと気遣いがすごくて、大事に扱われている感覚があって、食べログだったら長文ポエムなレビューを書いちゃうとこだった。それでもやっぱり「ハマる」ほどではなかったし、ランちゃんとの約束を破ってまで、また会いたいとは思わなかった。特別上手い人でもこんなもんなんだな、と思うと虚しいような腑に落ちるような、柔らかい色の諦めがうまれた。そのまま美容院に電話したら、奇跡的に席が空いていたのでヘッドスパを受けることにした。わたしはヘッドスパが大好きである。

 

担当してくれる女の子は、元ソフトボール部らしくて手と指の力が強くて最高。凝りがゴリゴリほぐされていく。頭を揉まれるとこんなに気持ちいいの、人体のバグじゃないですか?もはや胸より頭揉まれたい。


「今日もこってますね」と笑う美容師に頭をあずけ、わたしは彼氏のことを考えていた。最近結婚を匂わすようになり、不自然なタイミングで「セックスレスは離婚理由になるんだってね」と2回挟んできた彼は、視界の端でわたしの表情をうかがっていた。彼との付き合いは4年を超えて、ここ1年は完全にレスだ。


彼のことは好きだけど、セックスはもうしたくない。それはランニングに行きたくないとか、寝る前にテニスをしたくないとかそういう感じ。超絶ラリーが上手い相手とならば楽しく試合ができたけど、だからって別に好きにはなれない。仮に相手がランちゃんのセフレでも、そのうちレスになるだろう。


わたしにとってのセックスは、運動オンチのテニスである。しかも楽しそうに声をあげながら、相手の気の済むまでボールを打ち返すルール?マナー?いや、別にそんなことないんですか?初体験から何年経っても、セックスのことは何もわからない。


彼は決して無理強いしない。むしろ『しない』を強要したのはこっちだから、責められるべきはわたしだろう。態度で拒否して、空気を読ませ続けた結果、結婚をチラつかせながら、彼に決断を迫られている。なんて美しいブーメラン。

 

ゴリゴリと頭をほぐされて、気持ちよく力が抜けていく。同時に、これに勝る快感をセックスで味わえないのは、わたしの欠陥なのでは?という気がしてきた。もう本当に終わりかもしれない。


「はい、終わりですよ」

美容師の声にドキッとした。


「……あ、はい。終わり……終わりですよね」

「ふふ、もしかして寝ぼけてます?」

わたしの奇妙な反応に、美容師の彼女は得意げに笑う。


「えへへ、うちのヘッドスパ好評なんですよ。寝落ちしちゃう人も多いんです」

……いや、寝たかったんですけどね。ちょっと考えごとしちゃって。……ゆーてさっきまで友達のセフレと寝てきたんやけど。いや寝る違いやがな!もうええわ、ありがとうございました。本当に、どうもありがとうございました。

 

次はカラーですねと微笑む美容師に会釈して、わたしは美容院を出た。


セックスが好きになれないなら、誰のことも好きになりたくなかった。彼の優しいところ、可愛いところ、少し頑固なところや見た目も含めて大好きなのに、こんなことでダメになってしまうのか。いや、『こんなこと』じゃない。大事なことだ。それができないわたしが悪い。横断歩道で泣きそうになって、ぐっと奥歯を噛み締める。


あぁ、それにしても、ヘッドスパ本当に気持ちよかった。……また今日の人にお願いしたいな……カットとは別に、ヘッドスパだけ指名できるかな……頭の中を塗りつぶすように、そんなことばかり考えるけど、「親が東京来るけど、会う?」というメッセージを知らせるApple Watchは、彼からの誕生日プレゼントだった。

 

おしまい

 

---

その他創作系の記事 

www.yoshirai.com

www.yoshirai.comwww.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.comwww.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

 

 

全自動お茶汲みマシーンマミコと指輪とセックス、あと殺意

f:id:yoshirai:20200205225801p:plain

テツくんの言う、今日家行ってもいい?が今日生理じゃないよね?の意味だと知ったのは、大学3年の頃だった。

 

家に行ってもいい?を言葉通りの意味だと誤解した当時のマミコは、生理中にも関わらずテツくんを招いて夕食をふるまい、マークスアンドウェブのハーバルバスシュガーを入れたいい匂いがする風呂を貸し(※1)、パジャマを用意するという大失態を犯してしまった。

 

並んでDVDを見ている最中に、彼がマミコの肩に手を回す。頬や耳元に唇が触れる。テレビ消そっか、と言う彼に、生理中だと伝えた途端、部屋の温度が下がった気がした。テツくんはマミコに触れていた手を離し、普通そういうの先に言わない?と無知なマミコに社会常識を教えてくださった。さらに不機嫌になりつつも、別にいいけど、と寛大な許しまで与えてくださったのである。マミコの胸は感動に震え、自然と出た言葉はこうだった。ごめんね。今日は口でもいい?

続きを読む

全自動お茶汲みマシーンマミコとマミコをぺしゃんこにする男

f:id:yoshirai:20190520223924p:plain

驚くべきことに、最近のマミコはひとりの男に入れあげている。テツトくん。広告代理店に勤めるサラリーマンで、マミコの大学時代の元カレである。

 

テツトくんとは大学3年から、1年半ほど付き合った。マミコが今の会社へ入社を決めるにあたって、彼と結婚する可能性はひとつのポイントだったりしたが、就職してすぐあっさりフラれた。他に好きな人ができました。お前と違って頭が良くて自立した子です。お前とは同じレベルの議論ができないし、一緒にいてストレスだった。別れ話では、だいたいそんなことを言われた。1年後には婚約したらしいと聞いたが、現在マミコの前にいる彼の左手に指輪はない。

 

数ヶ月前、何の前触れもなく連絡がきた。実に数年ぶりだった。食事の日程を決めてから、マミコは全力で美容にコミットした。吟味に吟味を重ねた結果、ファンデはイプサのファウンデイションアルティメイトにした。多少値は張るがコスパは超絶、重ね塗りしても不自然さゼロ、時間が経つと更に馴染んでツヤツヤ。2月の時点で今年のベストコスメが決定した(※1)。目元にはルナソルのマカロングロウアイズを使い、ちょっと泣いた後みたいな赤みを足した(※2)。

 

その甲斐あって、再会は大成功だった。テツトくんは今の彼女といても安らげないんだよな……みたいな戯言を言い、マミコはマミコでテツトくんのこと、ずっと忘れられなくて……みたいな寝言をほざいた。そして、やっぱりマミコといると落ち着く……みたいなことを言いながら彼がマミコの手を握り、わたしも……とマミコは涙をうかべてはにかんだ。

続きを読む

慰謝料600万の恋

f:id:yoshirai:20190505054840p:plain
内容証明郵便ってやつを、生まれて初めて受け取りました。彼の奥さんからでした。彼の奥さん?……はい、不倫をしてました。相手は職場の上司です。

 

慰謝料……って、あの……。いや、わかってますよ。配偶者に浮気された場合、その不倫相手にも請求できるんでしたよね。すぐにコウくんに電話した。予想に反してすぐに出た。

 

「ちょっと、バレたの!?どういうこと?今、書類が届いて、奥さんから!」

動揺のあまりの倒置法。一拍おいて彼の声。

 

「ごめん。妻に話したんだ」

おいクソバカ!何してんだよ!!
瞬間、愛しのコウくんはクソバカに堕ちた。

 

そのクソバカの話によると、クソバカの行動を怪しんだ奥さんが、なんと探偵を雇っていたらしい。泳がされたクソバカは、まんまと証拠を握られて、わたしの身元も調べられ、慰謝料請求に至ったと。奥さんは子供を連れて、先日から実家に帰っているとか。ガチじゃん。

ていうかさ、それ話したっていうかバレたって言わない?この後に及んでなんでちょっとカッコつけたんだよ。

 

続きを読む

宮田和成は親友の形見

f:id:yoshirai:20190429213152p:plain

「もう帰っちゃうの?」

甘える腕をふりほどき、わたしは彼の家を出た。

三軒茶屋の駅近マンション。とはいえ電車はとっくに終わってるから、もうタクシーに乗るしかない。あと数時間待てば始発が出るけど、ことを済ませた男の部屋で、時間を浪費する術をわたしは知らない。知りたくもない。

 

男は恋人ではないが、1年前までは恋人だった。

結婚の話が出てきた時期に、彼がわたしの友達と浮気したのだ。彼はーー宮田は、「男の浮気は遊びだから」と最後まで言い訳を続けていた。彼とホテルに行った親友・絵里は、何度も何度も頭を下げて、「宮田さんはもういらない」「佳奈ちゃんのほうがずっと大事」だと言った。

「佳奈ちゃんに選ばれる『正解の男の人』に愛されてみたかった」と涙を流した10年来の親友を、わたしは今も許せていない。

続きを読む

嘘つきロミオと絶対死なないジュリエット

f:id:yoshirai:20190419004233p:plain
幼い頃から神童と呼ばれ、すくすく育って天才となった。奇抜な発想・泣きぼくろ・ちょっと抜けてるところがチャームポイントの22歳です。

 

大学生になったわたしは、趣味でアプリの開発をしていた。簡単に言うと、アプリを入れたスマホから、嘘のメッセージを送ると死にます。メールだろうとLINEだろうと、SNSのDMだろうと、とにかく真実でない内容を故意に誰かに送った場合、アレがアレして心臓が止まる仕組みです。

 

そして今日、彼氏のスマホにアプリをインストールした。死亡通知が届いたのは、彼の家を出て2時間後。「やっぱり誰よりサヤが好きだ」とのLINEを受信した5分後だった。笑う。



アプリの最初の被験者は、去年のゼミ合宿になぜか来ていたOBだった(本当になんでいたんだよ)。

合宿2日目、会話がまばらになって寝ている人もいた部屋飲み終盤。先輩がスマホをいじっているのを見て、わたしは彼にLINEを送った。

「センパイ、去年わたしの研究データを丸パクリしましたよね」

 

先輩はあからさまに顔を歪めてこちらを睨み、すぐに「してねーよ」と返信してきた。わたしのスマホの受信音と、先輩の「うっ」が重なった。先輩の顔はみるみる紫色になり、2分ほどもがいて死んだ。南無。ちなみに死因は不明とのこと。

続きを読む

ヨウくんと女と女と女

f:id:yoshirai:20190327005058p:plain

2年前と同じく、よく晴れた気持ちのいい日だった。

日差しは柔らかく、風はさわやかで、まさに結婚式日和。チャペルはステンドグラスが素敵だったし、披露宴会場は天井が高くて開放感がある。見事な庭園を絵画みたいに切り取る窓。テーブルやブーケにあしらわれたマリーゴールド。すべてを目に焼き付けたかった。大事な親友の結婚式だ。

 

今日のヒカリはとびきりキレイだ。食事制限がつらい、エステの効果がわからないと式の直前までボヤいていたけれど、すべて実を結んでいるように見えた。マーメイドラインのウェディングドレスは、可愛いもの好きのヒカリが選んだにしてはシンプルで、わたしはその選択が愛おしかった。ヒナタも同じ気持ちのようで、ふたりで視線を交わして笑いあう。



新郎新婦の意向で、招待客のドレスコードはゆるめ。ヘビ皮のパンプスを履いた人、ファーのクラッチバッグを持った人。男性側には、キレイ目なデニムにジャケット姿の人もいた。そんな中、ヒナタの装いには隙がない。青いドレスはわたしよりよく似合っていた。12センチのピンヒールのおかげで、今日の彼女の身長は180センチを超えている。フラットシューズを履くわたしより、頭ひとつ分以上高い。



友人代表スピーチはヒナタの役目だった。名前を呼ばれた彼女が前に出る。マイクの前に立つヒナタの顔は堂々としていて、緊張はしてなさそうだ。

 

「ヒカリさん、ヨウタさん、並びにご両家の皆様、本日は誠におめでとうございます。こんなに素晴らしい日におふたりを祝福できることを、とても嬉しく思います。

 

わたしは、新婦の中高時代の同級生のササキヒナタと申します。おめでたい席ですが、ここからは普段通り、ヒカリと呼ぶのをお許しください」

 

ヒナタの声は高すぎず、聴く人に安心感を与える。明瞭な発音。清廉な響き。ほんの数十秒で、ヒナタは会場の心をつかんだ。

 

「わたしとヒカリ、それからアカリ。……あちらの赤いドレスのサカイアカリさんの出会いは、中学校の入学式でした」

 

ヒナタに手と目で示されて、みんなの視線がわたしに集まる。わたしはほとんど反射で口角を上げた。ウエディングドレスのヒカリと目があう。ヒカリもいたずらっぽく笑って、小さくわたしに手を振った。

 

「わたしたちの通う中学では、ほとんどの生徒は近所のA小学校、もしくはB小学校の出身者でした。だから入学当初から、クラスにはなんとなく派閥ができていました。

そのふたつの小学校出身でないのは、女子の中ではわたしたち3人だけでした。つまり、わたしたちは居心地の悪い教室の中で、身を寄せ合うようにしてくっついたのです。

 

そういうわけなので、最初は共通の話題を見つけるのも難しかったです。例えば、わたしとヒカリはアウトドア派だけどアカリはインドア。ヒカリとアカリはアイドルに夢中だったけど、わたしは演歌が好きでした。そしてわたしとアカリは推理小説が好きですが、ヒカリは漫画しか読まないーーそういう風に、なんでも2対1になってしまうのです」

 

父の仕事の都合で引っ越してきたわたし。学年で10人もいないC小学校出身のヒカリ。部活のため、学区を越えて入学したヒナタ。彼女の言う通り、はじめはあぶれものの寄せ集めだった。それが一生の親友になるなんて、あの頃は予想もしていなかった。

 

「……そんなわたしたちですが、ひとつだけ共通するものがありました。男性の趣味です」

続きを読む