ゆらゆらタユタ

アラサーとゆとりを取り巻くもろもろ

弄んだので刺されています。

f:id:yoshirai:20210427192148p:plain

こんにちは! 森高エリナです。今、お腹にナイフが刺さっています。大学の後輩である浜本くんをLINEでブロックして2ヶ月、たまにバイトや学校帰りに後をつけられてるのはわかってました。新学期早々、刃物を持って待ち構えていた(そして実行した)彼は実家住み、アルバイト未経験。ご両親からのお小遣いでナイフなんか買ったらダメでしょうよ……。


映画やアニメで、刺されたり撃たれたりする瞬間がスローモーションになる演出があるけど、アレってホントだったんですね。刃物が皮膚を突き破り、臓器が悲鳴をあげるのがわかる。


まぁでも正直、刺される理由には心当たりがありすぎる。それを述べるには子供の頃まで遡らないといけないんだけど、せっかくスローな世界いるので、語らせていただきますね。

 


アイドルに憧れていた。ハロプロが好きで、真似して踊るわたしを見て、「エリは将来トップアイドルだね」なんて、パパはデレデレしていたものです。けれど、わたしはアイドルが大好きだからこそ、自分にその資質がないことに、早い段階で気づいていました。


華奢な骨格、長い手足と小さな頭蓋骨、配置の整った顔のパーツ。目や鼻の形はいじれるけれど、容姿を武器に芸能界に飛び込むには、持って生まれるべきものが多すぎる。パパにとっては世界一可愛い娘でも、世間から見れば『一般人ならちょっと可愛い』、クラスでいうと3〜5番目、新宿で5秒に一回すれ違えるレベルの女の子なのでした。


そこまで冷静に自分のポジションをわかっていながら、わたしは憧れを捨てきれませんでした。武道館で数万人を魅了することはできなくても、半径数メートルの男性を熱狂させるのは案外簡単だと気づいたのは、小学校5年の頃でした。

 

一般人の『可愛い』は、極めて定義が曖昧です。顔立ちが綺麗で小顔で陰キャな子よりも、団子鼻で顔がでかくても目がぱっちりした愛嬌のある子が『可愛い』なんてよくあること。親しみやすく、自分にも手に入れられそうで、更に自分が救える程度の不幸を抱えていそうならパーフェクト。ちなみにわたしの『不幸』は、『女の子とうまくやれないんだよね……』です。

 


わたしは男の人を雑に扱うのが性癖なのです。必死にわたしの機嫌をとり、卑屈に顔色を伺う彼らを見ると、相対的に自分の立場が上がった感じがして気持ちがいい。素敵なレストランでの食事や、ブランド物が本当に欲しかったわけではありません。ただ、その奥に透けるあらゆる欲望を「ありがと」のひとことで無視できる自分が好きだったのです。


浜本くんに関しては、うーん。

ご飯でも、と言われたので食事に行きました。気をもたせるようなことも言ったかも、てか言いました。女の子慣れしていない浜本くんが照れながら言う「森高さんはび……美人なので……」は、チャラいイケメンの「可愛いね」より100倍気持ちが良かったです。

 


一方で、わたしの言う「かっこいいね」はチャラ男と同じく「良い天気だね」くらいの意味しかないし、「浜本くんみたいな人が彼氏だったらなぁ」には「明日晴れるかなぁ」以上の重みはないです。わたしは思わせぶりでしたが、何かを強制したわけではありません。浜本くんがハマっていったのは彼の意志です。

やたらと良いお店を予約(行くなんて言ってないのに!)。わたしがSNSで欲しいと言ったものを持って待ち伏せ(買ってくれとはひとことも!)。返事がなくても追いLINE(返事がないのが返事だよ!)。


「次いつご飯行きますか?」

「忙しいんですか?」

「日程いつでも合わせます!」

「ランチでも大丈夫です!」

「無視ですか?」

「1時間くらい時間ありますよね?」

「お茶する時間もないですか??」

「篠原さんたちとは飲み行ってるんですね…」

「勉強が手につきません。森高さんのせいです」

「既読つけてください」


……いや、怖いよね? んでブロックしたらこのザマよ。くっそ、脇腹マジ痛ぇ〜〜!

 


良いお家のひとりっ子長男、大事に大事に育てられた浜本くん。暴力と一切無縁だった彼が、まさか女を刺すとはね。若気の至りとはいえ、本当に恋は人間を狂わせる……。ファム・ファタルという言葉が頭に浮かんで、ふっと痛みが遠のいた。カーッ! いい女も楽じゃねーッ(恍惚)!


死が近いからなのか、脳内麻薬的な何かかなのか、ここにきてむしろ気分がアガってきた。本当に最後まで、わたしは自分以外好きじゃなくって笑える。女の子たちにはここ数年、陰で「男好き」って言われてきたけど、やっぱりわたしは男の人のこと、あんまり好きじゃないんだろうな。好きじゃないからこんな風に、自分の価値を確認するために消費ができたんだ。……と、比喩でなく血を流して悟った。某芸人と同じですね。


頬にざらついた砂の感触。キャーッ! 女の子の叫び声がした。昼過ぎのキャンパスは人通りが多く、そもそも浜本くんは逃げる気もないらしかった。倒れ込んだわたしの横で、棒立ちで涙目になっている。いやいや泣きたいのはこっちですけど??


「誰か! 救急車!」

彼にトドメを刺す気がなさそうなのが不幸中の幸い。周りに人も集まってきた。あれもしかしてこれ、助かる方にワンチャンある?


薄くなってゆく意識の中、これは人間の心を弄んだ罰なんだろうな、とも思ったし、いつかこうなる感じはしたし、こんなわたしに人生を狂わされた浜本くんが可哀想だなと同情もした。


それでもやっぱりクソ痛かったので、一命を取り留めた暁には、絶対に被害届を出すぞ! 慰謝料で沖縄とか行きたい。頑張れキュートでタフなわたし!


以上、現場からでした(気絶)。


おしまい

---

その他創作系の記事

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.comwww.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com
www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com