ゆらゆらタユタ

アラサーとゆとりを取り巻くもろもろ

全自動お茶汲みマシーンマミコ

全自動お茶汲みマシーンマミコとマミコのことが大好きな男

3月14日、仕事終わってから会える?とショウタから連絡があったのは、3月のはじめのことだった。ショウタはマミコのことを彼女と思っている男のひとりで、今や1番の古株である。ナカモトショウタ、24歳。友人と起業した会社でゲームやアプリを作っている。 …

全自動お茶汲みマシーンマミコと他人の夫

あ、と言われてげ、と思った。 ここはアウトレットモール内のカフェ。ひとりで休憩していたマミコの隣の席にやってきた夫婦。声を出したのは夫の方で、今それを悔いているであろう彼は、マミコの会社の営業部長・セリザワさんだった。 仕方なくマミコは立ち…

全自動お茶汲みマシーンマミコと伝統(笑)

マミコの会社に新しく事務員が入った。新入社員のスミちゃんはマミコよりひとつ年下である。 マミコの会社には昭和の残り汁につけたボロ雑巾みたいなクソルーティンがあり、1番年下の事務員が毎日こなすことを義務付け……いや、『期待』されていた。マミコの…

全自動お茶汲みマシーンマミコとセックス

マミコは今、セックスをしている。 場所は渋谷区のマンションの一室。物の多い部屋に間接照明がぼんやりした光を投げる。マミコは全自動性欲処理マシーンとして、新鮮な喘ぎ声を製造・提供するお仕事に励んでいた。あん、やだぁ、いいよぉ♡んっ♡そして頭では…

全自動お茶汲みマシーンマミコとデート

マミコにはこれといった趣味はないが、強いて言うならデートである。マミコの中でのデートの定義は『自分を性的対象としている異性と2人で出かけること』だ。週に何度かのデートに向けてコスメを買ったりコーディネートを考えたり、そういう時間が1番楽しい…

全自動お茶汲みマシーンマミコと無敵の主人公

カラン。アイスティーの氷が溶けて涼しげな音をたてる。恵比寿のカフェで、マミコは人を待っていた。 10分もしないうちに、大柄な女性が息を切らせてやってきた。彼女はしきりに遅刻を詫びて、色褪せて固そうなタオルハンカチで汗を拭った。マミコはコスメデ…

全自動お茶汲みマシーンマミコと恋人

マミコには現在恋人はいないが、マミコを恋人だと思っている男は4人いる。年齢は24歳から46歳、職業はゲームクリエイター、営業マン、ジムインストラクター、公務員。ここに近々29歳大手出版社が加わる予定だ。 金曜日、久しぶりに高熱が出た。週末の予定は…

全自動お茶汲みマシーンマミコと後輩指導

マミコの後輩が入社してきたのは、昨年のちょうどこの時期のことだ。 専務の遠縁の親戚か何かで、いわゆるコネ入社である。日本有数の名門大学に現役合格したにも関わらず、半年経たずに中退したらしい。

全自動お茶汲みマシーンマミコと女の敵は女な女

ある日の午後、マミコは中目黒のイタリアンレストランにいた。向かい合うのは坂口健太郎似の好青年。……であれば良かったのだが、残念ながら女子大時代の先輩だった。

全自動お茶汲みマシーンマミコと美容

マミコは美女ではない。中の中だと思っている。 それでも周りの女達よりいつも少しだけ優遇されてきたのは、可愛いを作ってきたからである。マミコは自分の容姿を知っている。欠点は鼻筋は通っているが少々団子鼻なこと、唇が薄いこと、目が少し離れているこ…

全自動お茶汲みマシーンマミコと年齢

全体的に幼い印象を与える顔なので、マミコは20代後半の今でも学生に間違われることがある。 同級生と合コンに行っても、男側から「後輩?」と聞かれる。友人たちの反感を買わぬよう、同い年だとさらりと答えながら、内心優越感を抱いていた。 若く見えるこ…

全自動お茶汲みマシーンマミコと就職

今でこそ全自動お茶汲みマシーンのマミコだが、もちろん産まれたときから全自動お茶汲みマシーンだったわけではない。 出身は北関東で、両親の他に姉がいる。要領と愛想のいいマミコは、周りから可愛い可愛いと言われて育った。勉強も苦手ではなかったので、…

全自動お茶汲みマシーンマミコ

マミコはOLだ。都内のメーカーに勤めている。 事務員はマミコを含めて8人。20代はマミコひとりだが、去年入社した19歳の後輩がいる。けれど彼女はかなりのコミュ障なので、現在『若い女』の役割はマミコひとりが担っている。