ゆらゆらタユタ

アラサーとゆとりを取り巻くもろもろ

生活のかかった恋だった

f:id:yoshirai:20171226000334p:plain

しょうちゃ〜〜〜〜ん。もう無理〜〜〜〜。歩けない〜〜〜〜。

玄関から聞こえる泣き言に、僕は舌打ちして身体を起こした。午前5時半。非常識な姉の朝帰りである。

 

姉が玄関で泣くのが趣味みたいな人だ。

靴も脱がずに、コートも着たまま倒れこんでいる。姉がドラマの主人公で、僕が面倒見のよい弟なら、嫌な顔せず靴を脱がして部屋に運んだりするのかもしれない。でも現実は、姉はちょっと肌荒れしたアラサーで、僕はクマのひどい浪人生である。わざわざ玄関まで来たのは戸締まりを確かめるためだ。案の定、鍵はかかっていなかったので、姉を跨いで施錠する。

 

自分の部屋に戻ろうとすると、姉がスウェットの裾を掴んだ。「しょうちゃん、もう無理。ほんと無理」。もう無理なのはさっきも聞いた。風呂に入って寝ろと告げると、ココアを飲まないと無理だと言う。自分で作れと突き放すと、無理しょうちゃんやってとほざく。何も無理じゃねぇだろと思うが、ここは姉の家であり、僕は居候中の身だ。仕方なく僕は台所に向かい、姉はドロドロに溶けたみたいな「ありがと」を言って、ようやく立ち上がったのだった。



僕がミルクを温める間も、姉はグスグス泣いていた。理由はわかっている。失恋だ。

とはいえ彼氏と別れたのはもう半年も前の話で、今日だってどうせ他の男と寝てきたのだ。自分の足で帰ってくるのに、帰宅した途端立てなくなるらしい。

 

「なんでこんなこと繰り返すわけ?」

「だってヒロくんと別れたし……」

「全然理由になってないけど」

 ココアの袋にスプーンを突っ込む。あ、賞味期限昨日。まぁいいか、飲むのこいつだし。

 

「そんな好きだったの?そのヒロくんが」

てっきり「当たり前でしょ!」なんて即答すると思っていたのに、姉は口をつぐんでしまった。沈黙の中で、カップに温めたミルクを注いで、雑なココアを完成させた。かき混ぜながらカップをテーブルに置いてやった時、小さく「わかんない」と聞こえた。

 

「なら別にいいじゃん。次探せば」

「無理」

「なんで」

「ヒロくんっていうか、失恋そのもののダメージがデカい」

テーブルの上に突っ伏したまま、湿った声で姉は続けた。

 

「だって、わたしは……わたしにとっては、生活のかかった恋だった」

僕は聞き返す。「生活のかかった恋?」「そう、生活のかかった恋」。

 

一応言っておくと、その「ヒロくん」とやらに生活の面倒を見てもらっていたわけではない。姉は食品メーカーの営業職。外面が良いので成績も良く、半期に1度はなんとか賞を獲ってくる。ここの家賃もすべて姉持ちで、両親から送られてくる僕の生活費は、すべて口座に貯めてくれている。

 

「ヒロくん、すげー金持ちとか?」

「ううん、普通の公務員」

「なら姉ちゃんの方が稼いでるんじゃ」

「そういうことじゃ……なくて……」

声に眠気が混ざっている。おい、寝るなら部屋で寝ろ。ココア作らせたならちゃんと飲め。

 

姉はのろのろとカップに手を伸ばしたが、口をつけることなく甘い水面を眺めていた。完璧なネイルの乗った手で、カップを弄びながら、そのままぽつり、ぽつりと言葉をこぼす。

 

「今までは、自分の力でなんとかなってた気がするの」

「でも、この先の人生は、誰かと一緒じゃないとダメな気がして」

「結婚なんて、きっとしてもしなくてもいいんだよね。わかってる。けどさ、それってひとりで生きてく自信のある人の話じゃない?わたしは不安だし……怖いよ」

「今の生活は楽しいけど、この先結婚も子育てもないんだとしたら、今が幸せのピークなのかな。この先落ちてくだけなのかなって思ったらなんかもう……やりきれない」

 

姉は恵まれている方だと思う。受験も就活も成功し、能力に合った仕事をしている。それでも姉は満たされない。いや、今は満たされてるけど、満たされなくなる『いつか』が怖いのかもしれない。

 

「次のステップ、生活のステージを変えるには、ヒロくんとの恋が必要だった」

「それなのに、自分で手放しちゃった。だって、ヒロくん高知に帰るって。ついてきてほしいって。すぐに子供がほしいって。わたし、覚悟ができなかった。だけど、そういうものを本気で手放す度胸もないんだよ」

「……どうしたらいいかわからない。いっそ誰かに決めてほしいよ」

 

またしばらく沈黙があった。マグカップは素知らぬ顔で温かな湯気をあげている。

 

「ねぇ、翔ちゃん決めてくれない?そうしてくれたらわたしは多分、その道で頑張れると思うの。責任とれなんて言わないからさ……」

 

そこまで言って、姉は眠ってしまった。結局ココアはひと口も飲まずに。

 

生活のかかった恋。姉はヒロくんとの恋の先に、どんな生活を夢見たのだろう。もし彼の地元が東京だったら。すぐに子供が欲しいと言われなければ。……考えても仕方がないけれど、それでも姉は迷った気がする。

 

ただ、きっとこの人は、ひとりだったらこんな風に泣くこともできない。朝帰りして、淡々とメイクを落として、静かに布団に入るのだろう。僕はずっと一緒にはいられないし、もちろんこの人の未来も決められない。だけど、せめて春までは、飲まれないココアをつくってやろうと思う。

 

部屋に運ぶのは無理なので、毛布を肩からかけてやる。ココアを一気に飲み干した。甘い。飲みきったあとで、賞味期限が切れていたことを思い出してウエッとなった。


おしまい

 

---

その他創作系の記事

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com

www.yoshirai.com